顔脱毛の後は顔に赤みが出来る?

顔脱毛を行った後に顔に赤みが出来る可能性というのは、絶対起こらないとは言うことが出来ません。

まず、顔脱毛を行う場合、クリニックではレーザー脱毛器で、サロンではフラッシュ脱毛器で光を照射して脱毛施術を行っていくことになります。

この光というのは、黒い色素に対して熱反応を起こすことができる波長の光を使うことになりますが、皮膚の中にも多少の黒い色素というものが存在するために、お肌の表面はほんのりと温かみを感じるような熱を感じます。

また、フラッシュ脱毛の場合には、光エステ効果を実感することが出来、お肌の細胞などが活性化します。

血行なども良くなります。

お肌の表面のすぐ下にある毛細血管などの血行が良くなると、お肌は赤みを帯びることがありますので、赤みが出来てしまった。

と感じる事がありますよね。

このような場合には、冷たいタオルなどを充てることで赤みなどは引きやすくなりますし、火照ったような感じも抑えることが出来ます。

基本的にはすぐに収まるものなんですよ。

ただ、出力を上げ過ぎて起こる赤味は、やけどの可能性がありますよ。